クレジットカード選びに迷ったら|ランキングサイトを参考にする

住宅を担保にする

住宅

担保ローンの特徴

不動産担保ローンは、不動産を担保にお金を借りることが出来るローンのことを言います。この不動産担保ローンの特徴は長期的な契約をすることが出来る点です。長期的な契約をすることはメリットにもなり、またデメリットにもなることがあります。まず、長期的に借りることで、金利が低くなるという点ではメリットと言えます。ですが、長期貸し付けを目的として金融機関はお金を貸しているため、短期間に一括返済をすることを禁止している所もあります。2つ目の特徴は、不動産の価値が下がった場合には追加の担保を要求されることがある点です。もともとあった担保の価値にローンを上限まで設定してる場合には追加担保もあり得るので注意が必要です。

再建築不可の事例

不動産担保ローンを組むときには不動産が必要ですが、どの不動産でも必ずローンを組めると言うわけではありません。中には不動産担保ローンを組むことが限られてしまうパターンもあります。その一つが再建築不可の物件です。再建築不可の物件は、敷地と公道の接地が2メートル未満の不動産を言います。あるいは、敷地と2メートル以上接地していても土地の奥行きが途中で2メートル未満になっている場合や、そもそも接地している道の道幅が狭いため道路ではなく「通路」として扱われている場合も再建築不可の物件になります。一般に再建築不可の物件は、そこにある建物を壊すと再建築が出来ないため担保価値は低くなります。不動産担保ローンを組むことが出来るとしても金利が高くなる場合があります。

Copyright © 2016 クレジットカード選びに迷ったら|ランキングサイトを参考にする All Rights Reserved.